アクセス解析はホームページの健康診断です。
定期的な検診で課題を発見・解決し
あるべき姿を目指しましょう。

クセス解析とは、ホームページの健康診断のようなものです。まずは現状を把握し(健康診断)アクセス解析により課題(悪いところ)を把握し、改善施策(処方箋)をおこない、より良いサイトづくり(健康な体づくり)を目指していきます。当社では、アクセス解析をビジネス改善につなげるレポーティングをおこないます。

このようなお悩みがあればぜひご相談ください。

  • アクセス解析を入れてみたものの見方がわからない
  • ホームページのアクセス数など現状を知りたい
  • 社内に分析スキルを持つ担当がいない
  • ウェブサイトの分析を外注したい
  • PDCAを回してうまく改善につなげていない
  • クセスはあっても問い合わせにつながらない原因がわからない 

ウェブ解析レポーティングの特徴

ウェブ解析レポーティングを定期的におこなうことで、現状分析と課題を把握し、見るべき数値や目標に対する達成度を判断することができます。

現状把握ができる
サイトに対する訪問ユーザーの属性や動向を知り、どのような行動を起こしているのかなどの現状を把握することができます。
顧客ニーズが理解できる 
ユーザーがどのような検索キーワードでサイトに訪問してきたかを知ることで、ユーザーのニーズそのものを理解することができます。また、よく見られているページからユーザーに需要があるページとは何かを把握することができます。
目標達成につながるコンサルティング 
仮説提案⇒実践⇒評価・検証のPDCAを繰り返すことで目標(KPI)達成につなげるためのコンサルティングをおこないます。
ウェブ解析士によるレポーティング
ウェブマーケティングに関する幅広い知識を保有した、当社のウェブ解析士によるレポーティングを作成させていただきます。

ウェブ解析レポーティングワーク

Google Analyticsで解析
Google Analyticsの設置を当社にておこない、利用者の訪問状況、流入経路、行動パターン等を見ていきます。
現状分析
サイト目標に現在のホームページで達成できているか、また訪問ユーザーはどのような行動を起こしているのかなどの現状分析をおこないます。
仮説提案・実践
仮説提案に基づいて問い合わせへの貢献度が高い傾向にあるページ内容の充実化や誘導強化等のコンテンツ企画の他、コンテンツマーケティング、SEO調査、内部設計などの実践をおこないます。
評価・検証
実践した結果、仮説が正しいかどうかの評価・検証をおこないます。そしてそこで終わるのではなく、検証した結果、お客様の「事業の成果が上がること」をゴールとして取り組んでいます。

運用報告実績例

ダッシュボード(まとめ)
お客様のお悩み・課題、改善施策の内容、事業成果、通販サイト売上推移
通販サイト受注分析
通販サイト売上・客単価・受注件数、初回購入者の割合/県内購入者の割合
通販サイトアクセス分析
アクセス数・購入率・客単価からの売上金額
一定期間の推移
日別アクセス件数・受注件数・購入率
アクセス分析(単月)
昨年度との比較(訪問者数・新規訪問者数・訪問回数・訪問回数/人・ページ閲覧総数・1訪問のページ閲覧数・1訪問あたりの時間・直帰率)
閲覧者分析
性別、新規/リピーター、年齢層、使用デバイス
流入経路分析
自然検索、ダイレクト、SNSなど
閲覧者の行動
よく閲覧されているページの分析

集客分析、行動分析、目標分析などの現状分析から、コンテンツ企画やコンテンツマーケティング、SEO設計、内部設計などの仮説提案~評価・検証を記したレポートを提供しています。

“アクセス解析レポート”と“仮説提案”。
「勘や経験に頼る」のではなく「データに基づいた判断」で、 事業成果につなげていきます。

お問合せ・ご相談はこちらまで

サービスについてもっと詳しく聞きたい、詳しい価格を知りたいという方はまずは当社までお問い合わせください。専門的な知識は必要ありません。スタッフがお話を直接お伺いしますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

お電話でもご相談を受け付けております。ご不明点がございましたらこちらまでどうぞ!

TEL.095-842-0001

受付時間 9:00-18:00(月~金)